有限会社 田村造園

静岡東部・三島にて、庭と外構(エクステリア)に関わる全ての設計・施工・管理をいたします。
日本庭園の高度な技法【水琴窟(すいきんくつ)】は、全国各地・海外にも施工しています。

055-987-7534

全国の同業者の皆様へ

近年の田村造園による『水琴窟技術伝授プロジェクト』
樹木根対策を考えた水琴窟を薦めるなど、様々に進化する技法を業者の人達と共に作業をして、未来につなげて行きます。

良い!ものづくりのために~

水琴窟は昭和の戦火の中で影をひそめてしまい、新たに作られることはなくなり、姿の見えない水琴窟はこの世から消え去ってしまいました。
昭和の後期になってからのこと、ある報道番組「幻の水おと」がきっかけとなって全国にその存在や‘すいきんくつ’の名前が知れ渡ると、血が騒ぐように設計士や造園家が興味を示しました。

私もその中の一人ですが、その昔の 水琴窟の資料は残されておらず、近年の制作者たちは手探りの試行錯誤で現在に至っています。この業界では横のつながりを持つことが無く、その昔から秘伝として扱われたものだからでしょう。そのため今行われている工法は様々で、その中身を明かす業者も少ないものです。

まさか今では当時のような短命なものなどを作る業者はいないのでは?と思いきや、これが意外に多いために、将来が心配になるのです。この美しい文化を二度と失わないためには、長寿命の構造に改良を加えて進歩していくことが必要です。

現在、水琴窟の多くが危機にさらされています!!

二十年前に作られた川根本町の、ある施設自慢の水琴窟。ひとつの蹲踞の下に二個の甕が埋めてあり、それぞれの音質の違いが特徴の二連水琴窟です。その音が鳴らなくなってしまったということで、改修工事を依頼された時のことです。
のぞいてみると、水面が上の方に来ています。周りの役石を外して甕を見ると、ほんの少しの亀裂から樹木の毛根が入り込み、中で広がっていました。甕の周囲に栗石を積み上げているため、地震で甕に亀裂が入っていたのです。もう一つの甕も同じ状態でした。強度の弱い素焼きの甕を使っていたことが残念な結果になったのです。
甕を割って中を見ると、排水トラップはパイプを立ち上げ、水位をそこで確保するというやり方です。パイプの出口にはコケがびっしりと詰まっていて、排水機能は失われています。実は、この簡単な方法で作る業者が後を絶ちません。

地中の甕の周囲は常に湿度100%にもなっています。樹木の根が水を求めて水琴窟にまとわり付いてきます。ですからここで必要なことは、 水琴窟は栗石なしの完全密閉型の工法にしなければ長寿命は望めません。「幻の水おと」になってしまうのです。

そこで…業者様方に

数々の重要なポイントを伝授いたします!

私は上記のような事にならないよう、特に造園業者の皆様方にご協力をお願いしたいのです。
お客様から水琴窟の工事を依頼された時、どんな甕を使ったらよいのか…? 自分流で作って、クレームが来たらどうしよう…、さまざまな不安があるはずです。本当に良いものを提供するために、貴社は地上(蹲踞)の工事を行い、私が地下の工事をします。その現場にて私が貴社に 水琴窟工事のレクチャーをすることで、貴社は今後の工事依頼にも独り立ちができるようになります。
ぜひお気軽にご相談をいただきたいと思います。

同業者様からの声

千葉県で造園土木を扱っていらっしゃる会社の代表様からお言葉を頂戴しました。