有限会社 田村造園

静岡東部・三島にて、庭と外構(エクステリア)に関わる全ての設計・施工・管理をいたします。
日本庭園の高度な技法【水琴窟(すいきんくつ)】は、全国各地・海外にも施工しています。

055-987-7534

水琴窟つくります!『匠の余韻』

全国トップの施工実績!

 
日本各地に100ヶ所以上!
              

【水琴窟師がつくります!】
*お客様の思いをお聞きして当社のアイデアを基に、オリジナル水琴窟オンリーワンを造ります。
*ワンランク上の匠の音色は豊富な経験や、さらに5年間にわたる東海大学工学博士(渡部由雄教授)と、水琴窟の科学的な実験、研究に参加して数々の未知なる謎を解明したことによって、クレームのない安心な仕上がりをお約束しています。
*和風のものや現代風、今まで不可能と思われる場所にも提案をしています。

【技術的には何が違うのか?】
*水琴窟専用に研究開発した甕で基本となる音色が自慢。
*水門天井部の特殊加工技術で不規則でランダムな音に。
*この加工技術で直径6㎜の滴を作り一滴一滴確実に鮮明な音に。
*メンテナンスが楽な長寿命を考えた排水システム。
 その他様々な技術でお客様に満足をしていただきます。

音の出る仕組み

底に小さな穴を開けた甕(カメ)が伏せてあり、底に溜まった水面に滴が落ちて、甕の空洞に反響する音が水門から立ち昇ってきます。
滴の音が陶器製の甕の中で響くものが、水琴窟の音と認められています。

当時の水琴窟工法イメージ図

当時の水琴窟は、甕に溜まった水が自然に地中にしみて行きます。水位は一定に保たれることはなく、常に良い音が聴けるという物ではなかったのです。また、甕の中に器をおいて水を溜める方法も見つかっていますが、音は小さくしかも樹木の根が入り込むなど寿命は短く、実は当時の水琴窟は今の技術から見れば、上図のような欠点だらけの簡素な物だった訳です。

当社の水琴窟に対する理念

何事もすぐには物ごとを成し遂げることはできません。音も技術も、日々の積み重ねがあっての‘今’なのだと、感じています。伝統に甘えることなく、改良を加えて納得のいく良品の提供を目指しています!
現在、私どもの工法は、甕の底を防水しストレートにパイプをつなぎ、点検口にてオーナー自身が容易に甕内の水をすべて抜いて掃除ができるようにしています。さらに甕の埋設では大げさな工事を不要とし、樹木の根が侵入しない事と地震による甕の亀裂を防止するため強度のある甕を使用し、割栗石を使わない完全密閉工法で安心な長寿命システムを確立しています。
当社が設計した余韻のある甕を使用し、天井を加工して滴の最大値を作る技術と複数の落下点を生み出す工法により「ランダムで心地よい余韻」を生み出すという、外に類を見ない進化を成し遂げています。
しかしこの様に最先端を進む・・といっても、一般には「地中から聴こえる神秘的な音を単に楽しむ人たちの夢!」それを壊さないように、ここは癒しの仕掛け人として、あくまでも私どもは黒子の裏方職人になり精進し、全国の同業者の方々にも、レベルの高いものを惜しまず伝授して、江戸期の美しい文化を未来に残していきたいと考えています。

水琴窟の音を試聴する

田村造園の水琴窟の音は、この余韻です。

癒される音とは、余韻の長さが命です!

私どもの水琴窟は、『しずくを操りランダムな音』と『余韻』の長さが特徴です。
水琴窟の心の音は、速いピッチでは受け止めることが困難です。
もっとスローなピッチで、音の変化や“間”をさぐると
その違いが少しずつ分かってきます。

ちなみにピッチの速い流水音になると…

当社の水琴窟の活動

水琴窟の作り手達は、今も昔も秘伝と言っては、その中身を隠してきました。
しかし私はこの美しい文化を次世代に継承するために情報を公開し、再び消えることのないように様々な可能性を模索しています。

  • 新しい水琴窟の創作

    雨水を利用する「天水琴」をはじめ、時代が求める水琴窟を創作しています。

  • コンサートの開催

    環境音楽と水琴窟のセッション、水おとコンサートを全国規模で行なっています。

  • 科学的な研究

    田村造園と大学教授との5年間に及ぶ共同研究で、新たな発見の数々!水琴窟の滴や音を科学的に解析し学会に論文を発表しました。

  • 教育と交流

    美しい文化を未来に残すため、教育の場で子ども達との交流を大切にしています。

  • 全国の同業者様への対応

    良質なものづくりのために、数々の重要なポイントを伝授します!