有限会社 田村造園

静岡東部・三島にて、庭と外構(エクステリア)に関わる全ての設計・施工・管理をいたします。
日本庭園の高度な技法【水琴窟(すいきんくつ)】は、全国各地・海外にも施工しています。

055-987-7534

新たな水琴窟文化をつくるために

私の本音!

日本の庭は古くから、『遠くにある風景を身近に感じたい』という思いや、更に実用的な物などを次々に取り入れて、少しずつ進歩しながら現代に文化を継承してきた。
例えば、玄関先の目隠しや装飾として使用された袖垣、枯れ山水や、池泉回遊式、蹲(つくばい)、筧(かけい)獅子脅しなども、いわばその当時の独創的な発明品だった訳です。

水琴窟でも同じことが言えます。しかし、水琴窟は『庭の一部』として登場するが、他の作品とは少しばかり違った性質を持っているのかも知れません。
視覚と聴覚を研ぎ澄ますことのできる、過去に例のない癒しのオブジェです。滴を反響させて聴く音というのは実に奥深いものです。
地上部の蹲踞(つくばい)が見えていても、水琴窟その物はかすかな音を発するだけ、地面の下に隠れていて姿が見えない。見え隠れのする、日本独自のわびとさびを演出する不思議な仕掛です。


  • 蹲踞(つくばい)

    茶室の露地に作り、茶室に招かれる前に口や手を洗い清めるためのもの。

水琴窟は、既存してあった蹲踞(つくばい)や縁先手水鉢(えんさきちょうずばち)を利用して、余った水で音も楽しんでしまうという、一石二鳥の発明品です。
しかし作り方や維持が難しいため、発明当時、それが普及したとは考えにくいのです。
ですが情報の行き渡らない時の状況で、日本の各地に作られていたことは事実なのだから、当時の庭師が積極的に新しいことを取り入れて伝えようと各地に足を運んで実践したその努力には、本当に頭が下がる思いです。

当時の水琴窟の致命傷

当時の水琴窟の構造は、そのまま甕(かめ)の下に水がしみていく『自然浸透式』のものが多く、その土地の地盤環境により、水が溜まらずに音が鳴らなかった物や、浸透せずに水があふれてくる物などが考えられます。
つまり、いつ聴いても良好な音を発している物ではなく、実に気まぐれな水琴窟が多かったに違いないのです。
※甕底に器を置いて水を溜めていた江戸後期の物も見つかっている。(1988年・京都伏見南部文化会館建設予定地の庄屋跡地発掘時)

それともうひとつ、長年の間に砂が堆積して、鳴らなくなってしまうという点だ。これが当時の水琴窟構造の代表的な欠点でもあり、致命傷となるものでした。

しかしこれは100年も200年も前の話です。当時の材料や道具類には限りがあるわけで、あのような工法以外にはないと考えると、それも仕方のないことだったのでしょう。
考えてみてください。割れやすい甕(かめ)の底に水門の穴ひとつあけるのにも、気の遠くなるほどの時間と労力を注いだはずなのだから。

現代だから出来ること

現代には密閉度の高い素材があり、加工する道具類の質も非常に良くなっています。
だからこの時代にわざわざ気まぐれや短命な水琴窟を作ることはないし、それらの良い道具を活用することで、滴のたどる道を自在に操ることも不可能ではないのです。
今私がやっていることは、甕(かめ)の細部を加工をすることで、様々な音色を意のままに作り上げることを可能にしています。
しかしほとんどの業者は、甕底に水門を開けた後、その甕をそのまま埋めてしまうというのが多いようだ。
水門は、穴を開けたその後の加工が命なのが分かっていない!それをしないと、長年聴いているうちにお客様はその音に満足できなくなってきます。実は、それを作った本人でも物足りなさに気が付いているはずです・・。たとえばしっかり音が‘ピーン’と響いている滴もあれば、時々‘ピチッ’とか‘ピコッ’とかいうハズレたような滴が混ざっている・・ でもそれがなぜそうなるのかが、分かっていないのだ。近年YouTubeで検索し、水琴窟の音を聴いてもそんなのばかりで困る。
たとえば、バケツの水で手を濡らし、そのまま手の平を下向きにして水面より20㎝程上げると、滴が水面に落ちて‘ピチョ’と音原なるものが鳴る。・・しかし指先を下にして同じことをしても音が鳴らない。・・つまりこれがヒントということなのだ。

現代の利便性をフルに活用し、先代が発明した水琴窟に磨きをかけてクオリティーを高めて行くことは、オーバーな言い方をすれば、平成期での私の使命だと考えている。昔の職人だって、今のように便利な世の中だったなら、良質な物をたくさん残せたはずなのだ。

ところが意外にも、この時代になっても多くの業者が昔と同じ事をやっているから頭を抱える。と言うよりも、昔ながらのものが‘良いのだ!’と受け止めて、それ以上は求めないという職人が多いことなのかも知れません。
私は、昔のものでも良いところは良い、欠点は欠点と見定めるのが、職人の姿だと思う。
それは、良いものを感じ取った者にしかわからないことなのかも・・。たとえば、より良い音を完成させたときには、二度と今までの音を求めなくなるものです。

現在、私達が書店で手に入れることが出来る水琴窟の書籍には、参考にならないものばかり。
その内容を見ると、驚くような幼稚な作り方や指導を、まじめに掲載しているのが現状だ。
手探りの工法や思いつきなどの自己流で作ったものは、バイブルにはなりません。四季を通してじっくり実験を重ねることが肝心です。甕ひとつ取っても、同じ条件の物はないのだから。また、作る場所なども条件が様々だから、その都度試行錯誤する事が重要なのです。

設計士や業者さんたちが、上記のような書籍を真に受けて取り組んでいる姿をよくみかけるが、まず甕の内部に器を置いて水を溜めること。これは甕のもつ特性を充分に生かすことがなく、音量は20%近く減少し、余韻も短く、水琴窟のレベルとしてはかなり低いものです。(昔のものは、数多くこの工法が見つかっている。)
また、底にタライを置いて水を溜めるものも、後に根などが入り込み、大変なことになる。古くからの水琴窟がならなくなった原因には、この根というやつが水琴窟に入り込み、鳴らなくなったものもかなり多い。特に近くに大木などがある場合は要注意である。水琴窟の周りは湿度が90%以上にもなり、根はそれを求めて驚くほど毛根を伸ばして来る。強度の弱い常滑のカメに亀裂が走り、そんな1㎜にも満たない隙間から入り込み、甕の中で毛根がびっしり膨らんでいた。改修工事で私はそんな状況をいくつも見ている。
また甕の質や大きさに対しても適切な水位は違ってくるし、じっくり音を聴けばおのずと水位は決まるものです。それから、工事現場をシートで隠して見学禁止にしている業者など…。
それぞれの思いでやっているのでしょうが、「そんなんじゃ水琴窟って、いつまでたっても足踏み状態!・・」と嘆くばかりだ。

排水構造で、飛躍的に変わる!

排水構造において、甕(かめ)の内部でパイプを立ち上げ排水トラップを取り、水位を確保するやり方も行なわれているようですが、これは泥などが溜まり、苔でパイプがつまってしまうので、寿命は短くなる。しかも音も抜けてしまい、本来の音にはならない。
昭和後期から業者たちによって、そのようなものが最も多く作られているのだ。、今になってコケがトラップにびっしりとまとわりついて、水門に達するまで満水になった水琴窟が蔓延しているのが現状です。

プロの仕事ならば、立ち上げ排水トラップは甕の外に取らなければダメです。甕底に溜まった砂などを簡単にオーバーホール(簡単な操作で汚れた水を入れ替える事)できる方法が可能になるのだ。
先日、私が作った水琴窟をオーバーホールしたところ、ヘドロ状のものが沢山でてきたことに驚いてしまいました。わずか一年足らずですが、意外と泥水は溜まるものなのです!
過去に作られた水琴窟が10年あまりで鳴らなくなったという事例報告も、次々と出てきているのが現状です。
このように鳴らなくなった水琴窟が今後増え続けて行くことで、水琴窟の人気が衰えてしまうことを懸念しています。甕の中で排水トラップを立ち上げる事とタライを置いて甕を入れるやり方は、一部の愛好家が趣味で作る以外、プロならばやってほしくない工法なのです。
そんなわけで水琴窟は、オーバーホール出来る事と根が入り込まないように密閉することが絶対に不可欠というわけ。『根が入る隙もないように密閉してしまい、中は空洞にして甕の周りは空間のみ、栗石などは不要』これが田村流だ!

文化を残してゆくには

1985年以前、メディアなどで報道されるまでは、ほとんどの国民は水琴窟の『す』の字も知らなかったわけです。資料も残っていないのですから、現在でも昔の水琴窟について詳しい学者などは存在していません。
水琴窟は、昭和初期に入ってからほとんど作られなくなってしまいました。これは戦乱や環境の悪化ということも考えられますが、いずれにしても砂が溜まって鳴らなくなってしまった水琴窟は、人々に気付かれることなく消えてしまった訳です。
水琴窟が二度とこのように消滅しないために、水琴窟を構造から見直して改良しなければ、この美しい文化を未来に残すことは困難だと感じています。

そして、当時から水琴窟の技術は、それぞれの業者たちが自分たちの生活を守るために秘伝として、隠し守り続けて来たものです。
水琴窟が途中で途絶えてしまった原因というのは、実はこのことが一番なのかもしれません。

これは現代でも全く同じことが言えるわけで、水琴窟業者は横のつながりを持たずに、お互いがどんな方法で作っているのかを明かすことがありません。
また困ったことに、それぞれが自分のやり方に誇りや自信を持っていて、『特許だ!』などと頑張っている人もいるわけですから、お友達にはなれそうにはありません。まさに『井の中の蛙』状態の人が意外と多いのがこの業界なのです。

音が出ればそれでよいとか、10年持てばよいと言うのではなく、水琴窟構造は『100年単位』で考えなければ日本文化の名折れになり、信用問題にも関わります。
今後は大手建設業者や行政、海外での仕事が多くなることを思えば、責任もさらに重くなるというものです。

それからもうひとつ、今までの水琴窟の外観は、和風庭園に溶け込んだ、竹の筧で手水鉢といった蹲踞(つくばい)型が多く、水琴窟の存在が分かりにくいものでした。
これからは、水のある所や人の集まる所ならどんな場所にも対応できる事が必要です。たとえば公共の場所では、地上のデザインや素材は、危険がないことや、壊されないものを考えて行く必要があります。
伝統は伝統として大切にしつつ、今の時代の文化も継続して遺して行くことが大切ではないかと考えます。

近年周りの騒音が増えてきたこともあり、音の増幅ということも視野に入れる時代になりました。
ちまたの水琴窟を見に行くと、音量が物足りないために、水をたくさん流して聞こえやすくしていました。平均して、1秒に1音以上音を出している状態をよく見かけます。ひどい物になると、流水音で鳴り続けている。
余談ですが、流水音は従水滴のしずくの音ではなく、水の集合体が水面にぶつかって発する音です。近年YouTubeで水琴窟を検索すると、ほとんどのものが小さい音に物足りないために、流す水の量が半端ないです!! あの音がずっと続くと、逆にうっとうしくなってきますからいけません。本来癒される音とは、5~10秒に1度ほど聴こえるのがいいのです。
水琴窟の水は極力微量に落としてください。

音の増幅をすると1音1音がはっきりと聴こえるため、たまに聴こえてくる音によって、非常に心地よい空間が得られます。
家の中にまでかすかに聴こえてくる…これがまた、たまらなくいい感じです。
音の増幅が嫌ならば、せめて甕に『聴音管』を仕掛けて頂きたいです。この仕掛けも私が作ったものですが、余韻の長い甕の横穴に聴音管が通じているため、聴音管に耳を近づけると実にすばらしい音が聴こえます。目を閉じると、まさに小宇宙に迷い込んだようです。 そう!横穴というのには理由があって、水門とは違いとびきりの余韻の長さも、私は20年も前に発見し、それ以降甕の横穴から音をとるようになったのです!。

昭和の後期になって復活することができた水琴窟。この時代に磨きを掛けて近い将来、この水琴窟を日本の美しい文化の代表として、全世界に自信を持って紹介できることを願っています。

最後に

いったい『文化』ってなんだろうと考えてみると、その時代ごとの発明や発想に、皆が共感して受け入れ育ててきた物だったんですね。
江戸期に生まれた『文化』を昭和に甦らせ、平成で発展させた。この事が『水琴窟の歴史』として後世に伝えられて行ったとするなら、『この時代に私が生きた証を遺した』ということになります。
私はこれからも、皆さんと一緒に水琴窟の未知なる可能性を探りながら、新しい文化を作って行きたいと考えています。