有限会社 田村造園

静岡東部・三島にて、庭と外構(エクステリア)に関わる全ての設計・施工・管理をいたします。
日本庭園の高度な技法【水琴窟(すいきんくつ)】は、全国各地・海外にも施工しています。

055-987-7534

音の根源は、甕(カメ)の質だ!

現状の水琴窟は、その中身の甕(カメ)といえば、たとえば田舎の家の裏庭に転がっている水甕や漬物甕などの古甕を利用して作ることが多く、近年では近隣の外国から輸入された水鉢なども安く出回っているため、それらを使う業者も少なくありません。
私も以前はそのようにしていましたが、いくつもの水琴窟を手掛けるにつれ、より余韻の長い音や、地震で壊れない硬い素材などを求めるようになり、焼き具合、形状、風合いを徹底的に追求し始めた。
全国の産地を何年か費やして探し、2006年やっと理想にたどり着き、試作をして…その後何度も形状や大きさを変えて作らせ、理想の音を追い求めていました。

そんなある日、そのやっとたどり着いて会えた陶工が、高齢を理由に甕づくりをやめてしまった。近頃では大きい物を焼く窯元が希少になり、替わりの陶工を探すのに苦労を強いられました。
しかし『蛇の道はヘビ』新しく見つけた陶工に、また以前と同じように甕を作らせたのですが、これが前の物にも増して余韻が長く、音も透き通っていたのです。まさに『瓢箪から駒』でした。

土質や焼き方が変わっていないのに、なぜこんなに音が違うのか? その答えは、水門などの加工時に分かったのだ。陶器の中に、気泡が出てこないのです。要するに、粘土を練る工程で手を抜いていないということです。結果的にそれが音に現れているわけです。通常の甕の使い道は、水などの液体を入れるものだから、穴さえ開いてなければ甕の機能が果たせるのですが、水琴窟の目的は音なのだから素材が締まっていなければならないのです。
今度のは形状も姿も美しい。やはり腕がいい職人なのです。こんな素晴らしい仕事ができるのは、日本人の職人の中でも希少だと思うし、完璧と言ってあげたいです。
もっと理想を言うならば、私自身が陶工で自在に甕を試行錯誤して作り上げて水琴窟を作ること…しかしそれには、まず人生が2度なければ不可能です。

というわけで、私の水琴窟は数年前から各段にすばらしい音の甕を手に入れたことで、オーナーの方々には、誰にでも自信を持って自慢出来る水琴窟の提供を可能にしたのです。

2012.05