有限会社 田村造園

静岡東部・三島にて、庭と外構(エクステリア)に関わる全ての設計・施工・管理をいたします。
日本庭園の高度な技法【水琴窟(すいきんくつ)】は、全国各地・海外にも施工しています。

055-987-7534

あれこれ

全国の同業者の皆様へ

近年の田村造園による『水琴窟技術伝授プロジェクト』
樹木根対策を考えた水琴窟を薦めるなど、様々に進化する技法を業者の人達と共に作業をして、未来につなげて行きます。

良い!ものづくりのために~

水琴窟は昭和の戦火の中で影をひそめてしまい、新たに作られることはなくなり、姿の見えない水琴窟はこの世から消え去ってしまいました。
昭和の後期になってからのこと、ある報道番組「幻の水おと」がきっかけとなって全国にその存在や‘すいきんくつ’の名前が知れ渡ると、血が騒ぐように設計士や造園家が興味を示しました。

私もその中の一人ですが、その昔の 水琴窟の資料は残されておらず、近年の制作者たちは手探りの試行錯誤で現在に至っています。この業界では横のつながりを持つことが無く、その昔から秘伝として扱われたものだからでしょう。そのため今行われている工法は様々で、その中身を明かす業者も少ないものです。

まさか今では当時のような短命なものなどを作る業者はいないのでは?と思いきや、これが意外に多いために、将来が心配になるのです。この美しい文化を二度と失わないためには、長寿命の構造に改良を加えて進歩していくことが必要です。

現在、水琴窟の多くが危機にさらされています!!

二十年前に作られた川根本町の、ある施設自慢の水琴窟。ひとつの蹲踞の下に二個の甕が埋めてあり、それぞれの音質の違いが特徴の二連水琴窟です。その音が鳴らなくなってしまったということで、改修工事を依頼された時のことです。
のぞいてみると、水面が上の方に来ています。周りの役石を外して甕を見ると、ほんの少しの亀裂から樹木の毛根が入り込み、中で広がっていました。甕の周囲に栗石を積み上げているため、地震で甕に亀裂が入っていたのです。もう一つの甕も同じ状態でした。強度の弱い素焼きの甕を使っていたことが残念な結果になったのです。
甕を割って中を見ると、排水トラップはパイプを立ち上げ、水位をそこで確保するというやり方です。パイプの出口にはコケがびっしりと詰まっていて、排水機能は失われています。実は、この簡単な方法で作る業者が後を絶ちません。

地中の甕の周囲は常に湿度100%にもなっています。樹木の根が水を求めて水琴窟にまとわり付いてきます。ですからここで必要なことは、 水琴窟は栗石なしの完全密閉型の工法にしなければ長寿命は望めません。「幻の水おと」になってしまうのです。

そこで…業者様方に

数々の重要なポイントを伝授いたします!

私は上記のような事にならないよう、特に造園業者の皆様方にご協力をお願いしたいのです。
お客様から水琴窟の工事を依頼された時、どんな甕を使ったらよいのか…? 自分流で作って、クレームが来たらどうしよう…、さまざまな不安があるはずです。本当に良いものを提供するために、貴社は地上(蹲踞)の工事を行い、私が地下の工事をします。その現場にて私が貴社に 水琴窟工事のレクチャーをすることで、貴社は今後の工事依頼にも独り立ちができるようになります。
ぜひお気軽にご相談をいただきたいと思います。

同業者様からの声

千葉県で造園土木を扱っていらっしゃる会社の代表様からお言葉を頂戴しました。

CD販売

聴き比べてみたいCDの販売

以下の2点のCDは、それぞれ異なった性質の水琴音を収録したものです。

  • IMG_20160124_0001
    A『水琴窟の音風景』

    甕内部の音を録音したもの

  • 籐壷琴
    B『藤壺琴(とうこきん)』

    甕の外で録音したもの

A『水琴窟の音風景』 の音はきれいですが、『実際に聴く音はこんなではない!』という意見も聞かれます。
そんな誤解をなくすために、水琴窟を実際に聴く感覚に最も近づけた音のものがB『藤壺琴(とうこきん)』ということになります。 聴き比べる価値のある作品の紹介です。
こちらのCDは市販はしていません。即、ご注文を!弊社通販

A『水琴窟の音風景』

一滴の水が奏でる琴の音は 時を超え私たちに語りかけてくる…

‘日本の音研究所’の中野之也氏が1989年にスタジオ録音されたものを、日本水琴窟フォーラムが編集し、CD化したものです。
マイクを甕の内部に入れて収録されており、甕の中の小宇宙を体感できます。
その音色はじつに鮮明で美しい…

CD名
水琴窟の音風景
価格
¥2,060(税込)
収録時間
全49分
録音
常滑甕
販売開始日
2001.09 (市販はしていません)

B『藤壺琴(とうこきん)』

雫が水門で広がって落てゆく 次の瞬間!!無限の音色があふれ出す
この水琴窟は、ひとつとして同じ音、同じ間は存在しない…

水琴窟師の私が、東京都練馬区大泉のF邸にこだわりの水琴窟を作り、CD制作を試みました。数あるCDでは満足できず、かねてからの念願を実現するため、現代における最高の技術スタッフのメンバーによりついに、いつまで聴いていても飽きない自然な音が完成しました。

こちらは甕の外と聴音管にマイクを設置して収録したものです。『心を空っぽにする40分間』をお楽しみください。

CD完成に至るまでの詳細はこちら

籐壷琴

CD名
藤壺琴(とうこきん)
価格
¥2,160(税込)
収録時間
全43分
録音
唐津甕
販売開始日
2003.02 (市販はしていません)

お客様からのコメント

通販について

ご注文はFAX又はメールにて、下記を記入の上お申し込みください。

  • 郵便番号・住所(県名から)
  • 名前
  • 電話番号
  • 品名・枚数

発送方法・送料について

CDの荷造り運賃は別途お客様のご負担です。(同時注文2枚までは同一送料)
代金引換便または、事前の振込確認(※)にて、即刻ご送付いたします。
(※事前お振込の場合は、お申込み時にその旨をお伝えください)

” 作品「雫のように」を見学”

元NPO日本水琴窟フォーラムの会長であった中野之也氏が見学に訪れました。
私の自宅のアプローチ脇に埋設型のデザイン水琴窟を完成させ、珍しさもあって三島入りし、暫くぶりに面会することになりました。
水琴窟といえば日本古来のものということもあり、その意匠は和風のものがほとんどでした。
しかし実際に近代的な建物や施設などに設置するには、従来の蹲踞型ではどうなのか? 気を遣い悩むところでもあるのです。(☆公共の場所では、壊されたり管理が行き届かなかったりします。)
機能的には今までとは変化なく、意匠のイメージをその場の景色に馴染むものに変えていくことも必要なのかと考えます。

当社の歴代置き型水琴窟

当社の歴代置き型水琴窟をご紹介いたします。

販売終了

  • 遊水琴(ゆうすいきん)
  • しずくたちのうた

    音戯の郷『音の彫刻コンクール2004』スポンサー賞受賞作品

  • 華水琴(はなすいきん)
  • 響(ひびき)

非売品

  • 赤富士

    音戯の郷『音の彫刻コンクール2001』スポンサー賞受賞作品

  • のぞける水琴窟

    (教材用)

・現在販売している置き型水琴窟は・

進化する音へのこだわり

1993年に水琴窟コンサートを始めるようになってから、20回以上の公演をしています。
当初は演奏者のバックにただ水琴窟の音を増幅して流すのみでした。私と水琴窟がステージに上がって、見せるコンサートになったのは途中からのことです。

コンサートでは、ステージ用に作った移動型水琴窟(スペースサウンド)にマイクを直接入れて音を出すため、水琴窟の音は実にリアルです。
ステージにスペースサウンドをセットするときは、毎回その度に滴の落ち具合を、微妙に甕を傾けて調整しています。なぜなら、水滴を3箇所以上から落したいからです。そうすることで音に変化が生まれ、感動的に演奏と融合することが可能なのです。しかし、これが結構時間が掛かって大変。
ところがある日、ハッとひらめいたのです。そんなに大変な思いをしなくても、良い方法が分かったのです。
滴の落ちる表面を、予め3箇所以上にコブ状のものを加工しておけば良いのです。

2002年5月静岡県駿東郡長泉町 如来寺に水琴窟を製作するときのことです。
偶然、何日か前から水琴窟の様子を撮りたいとNHK静岡放送テレビが取材に訪れていました。
水琴窟の作り方を、くまなくカメラ撮りしたいとの事。今まで取材したくても、なかなかその中身を見せたがらない業者達に苦戦し、取材陣も今度こそと期待していたようです。

  • 過去には様々な甕を試したのだが…

    過去には様々な甕を試したのだが…

  • カメの加工の様子(2002年頃)

    カメの加工の様子(2002年頃)
    この頃は、常滑の素焼きも使っていたのですが…徐々に決定的欠陥が分かってきた!

  • 甕の天井の3箇所以上から滴が落ちるように加工。

    甕の天井の6箇所以上から滴が落ちるように加工。これで様々な音階やランダムな間が生み出される。

  • 水門加工作業

    〈水門加工・・水を導く?!この職人技を磨かねば、癒しの音は完成しない!〉甕は独自に設計企画した強度のある堅焼きもの以外は、使用しなくなった。(2010年以降)